通信機器トラブル!故障ではなかった事例

スマホが故障したと思ったら違った場合も多くある

スマホは機械!機械には故障が付き物

写真が撮れなくなった!

スマホにはデータ量というものがあります。
データ量とはそのスマホに保存できるデータの量のことです。
そのデータ量が目一杯になってしまうと写真を撮っても保存できません。
取得したいアプリがあっても取得できません。
このデータ量のことをしらないでいると急に今まで出来ていたことが出来なきなってしまうと故障かなと思ってしまうのです。

でもすぐに出来る解決方法があります。
それは保存しているデータの量を減らせばいいのです。
写真でしたらパソコンなどにデータを移してスマホ内の写真は削除する、不要なアプリは削除する、これでデータの空き容量がぐっと増え今までと同じように使うことが可能になるのです。

スマホはこの空き容量を常に作っておくことが大切です。

ゲーム中に操作が出来なくなった

ゲームをしている時に、急に操作できなくなってしまった、または画面が固まって動かなくなってしまったというという状況にあったことのある人は多いかと思います。
これはスマホが壊れてしまったわけではありません。
機械がバグってしまうということはよくあることなのです。
その場合はゲーム画面を一度閉じてみるのがいいでしょう。
それでも改善されないのであれば、電源を切ってみます。
その後もう一度電源を入れてゲームを起動させると直るということがよくあります。
それでもダメならゲームのアプリを一度削除してみます。
そしてまた同じアプリをダウンロードして起動すると直ったりもします。

ゲームのプレイ中はスマホも言ってみればたくさんのパワーを使っています。
なので少し休ませてあげることも大切なのです。